PSP PCツール pbp unpacker

  • 0
  • 0

PSPの『.PBP』『.SFO』ファイルからデータ取り出したり、パッケージ化できるPCツールの紹介です。
今回は、PBPの作成方法です。PSPの改造などは無しでできます。


1.pbp-unpackerをダウンロード後、解凍します。

ダウンロード:pbp-unpacker

2.pbp-unpacker.exeを起動し、newをクリック!
new2.jpg → new2.jpg



ファイル名:ICON0.PNG
アイコン画像(形式:PNG/サイズ:140×80)

ファイル名:PIC1.PNG
背景画像(形式:PNG/サイズ:480×272)

ファイル名:ICON1.PMF
アイコン動画(形式:PMF)

ファイル名:PIC0.PNG
説明欄画像(形式:PNG/サイズ:310×180)

ファイル名:SND0.AT3
BGM(形式:AT3)

3.上記の形式で画像などをつくったら『…』を開いて画像を選択します。

4.メモリースティック内の適当なセーブデータを開いて『PARAM.SFO』を、PARAM.SFOにドラッグします。
ms0:/PSP/SAVEDATA/セーブデータ/PARAM.SFO

5.Saveをクリックし保存します。

6.EBOOT.PBPPARAM.SFOにリネームして、使いたいところに移動させて完了です。

これを使えば、ゲームの起動前の画像を変えたり、画像つきのファイルもつくれます。

20111107001619.jpg → 20111107002337.jpg
ちょっとショットの昔作ったフォルダです。

メモリースティックのSCREENSHOT内に、おくとこんな感じになります。
ms:/PSP/SCREENSHOT/フォルダ名/PARAM.SFO

自分好みのフォルダにしたいときは使ってみてください。
おつかれさまでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


  • 最新記事
  • 人気記事

おすすめ

拍手